ナビ
マーケット概要
by 株価チャート「ストチャ」
今人気のバイナリーオプション
  • 今人気のバイナリーオプション バイナリー(binary)とは「二進法」を意味しています。「0」か「1」かの二者択一で、その意味のとおり、ある「条件」を「満たすか」「満たさない」かが投資対象となります。 為替のバイナリーオプションでは、一定の時間になると円安(上昇)になると利益を得られるチケットか、円高(下落)になると利益を得られるチケットかを購入し、結果が予測通りになれば、1Lotあたり1000円固定のペイアウトが払い戻され、予測に達しなければ、チケット購入代金と同額が損失となります。
  • ラダーはバイナリーオプションの中でも代表的な取引種類 「判定時刻に目標レートよりも上か、下かを予測する」ラダーオプションは、バイナリーオプションを代表する取引種類です。目標レートがラダー(はしご)のように数本設定されていて、そこから目標レートの上か、下かを予測します。
    バイナリーオプションには様々な取引種類がありますが、日本でも人気があり、代表的なものがラダーオプションなのです。
バイナリーオプションの特徴
  • ■ 小さな資金でスタートできる。 数ある金融商品のなかでも、バイナリーオプションは他の金融商品より比較的少ない資金から取引が可能です。1Lot取引するのに必要な最低取引金額は50円~990円です。
  • ■ 動かない相場でもリターンが狙える 通常、FXなどの投資では、値動きの幅が損益の大きさに直結します。たとえば、FXでは10銭動いたときよりも1円動いたときのほうが利益も損失も大きくなります。逆に、値動きがあまりない場合、損益の幅は小さくなります。
    ところが、バイナリーオプションなら、たとえわずかな値動きであっても、「円高」か「円安」になるだけで利益が確定され、リターンが狙えます。条件がクリアされていれば、1Lotあたりのペイアウト額は一定のため、FXとは異なり、値動きの幅によって払い戻しが少なくなることはありません。
  • ■ 損失は購入チケット分に限定される バイナリーオプションでは、予測通りに相場が動いた場合、チケット購入金額とペイアウト金額の差額が利益となりますが、予測が外れた場合、チケット購入金額が損失となります。
    この場合、失うのはチケット購入のために支払った金額が上限のため、相場が予測に反して大きく動いた結果、購入した金額以上の損失を被ってしまうということはありません。つまり1回あたりの投資における最大の損失は、その購入金額に限定されているのです。